Loading...

Castキャスト

  • 草野康太

    草野康太 Kouta KUSANO

    1975年、神奈川県出身。1986年、テレビドラマ『大人になるまでガマンする』で子役デビュー、同年『プルシアンブルーの肖像』で映画デビュー。橋口亮輔監督作品『二十才の微熱』『渚のシンドバッド』で注目を浴びる。主な映画出演作は、『Rainbow』(1997年)、『眠る右手を』(2002年)、『アワ・ ブリ ーフ・エタニティ』(2010年/東京国際映画祭正式上映)主演に加え、OV『鉄砲玉、散る~ゲスは殺(と)ったれ!』(1997年)、『尻を撫でまわし続けた男 痴漢日記5』(1997年)でも主演、近年の出演作は 『私の叔父さん』(監督 細野辰興/2012年)、 『僕の中のオトコの娘』(監督 窪田将治/2012年)、『太陽の坐る場所』(監督 矢崎仁司/2014年)、直近の公開待機作は『Life works』(監督 利重剛)と『×××(キスキスキス)』(監督 矢崎仁司)。ベテランから新鋭監督まで多くの監督映画、ジャンルと局を縦断するテレビドラマ、またCMにも登場するなど多方面で活動中。役柄は異なるも、本作は初演に続く細野演出舞台二度目の出演となる。

  • 山田キヌヲ

    山田キヌヲ Kinuo YAMADA

    1981年、宮崎県出身。高校演劇をきっかけに役者への道を歩む。 早稲田大学演劇映像コース在籍時より、役者としての活動を開始。2004年、廣木隆一監督「ガールフレンド」のオーディションで主役に抜擢されスクリーンデビュー。その後、映画・TV・舞台と活動の場を広げている。主な出演作:映画『飛ぶ時間』(監督 松田知子)、『花になる』(監督 田中智章)、『SHARING』(監督 篠崎誠)等で主演、『死刑台のエレベーター』(監督 緒方明)、『悪人』(監督 李相日)、『告白』(監督 中島哲也)、『ステキな金縛り』(監督 三谷幸喜)、『その夜の侍』(監督 赤堀雅秋)、『A列車で行こう』(監督 森田芳光)、『甘い鞭』(監督 石井隆)、 テレビ 『嵐がくれたもの』(CX)、『モメる門には福きたる』(CX)等レギュラー 『黒い十人の黒木瞳Ⅲ』(NHKBSプレミアム)、舞台『インファンタジオーソ』、『中也が愛した女』、『さよならを教えて』(作・演出:早船聡)ほか多数。

  • 和田光沙

    和田光沙 Misa WADA

    1983年、東京都出身。ミュージカル『アニー』を観た小学3年生の時、役者になることを決意する。大学では農業専攻。卒業後、運送業社に就職するが、24歳の時、映画俳優のためのワークショップのチラシを手にし、芝居の世界に足を踏み入れる。現代劇では8歳の女の子、場末スナックのママ、人喰いゾンビ、時代劇では殿様から馬番まで、幅広い役柄を自らのカラーを織り交ぜながら脚本に忠実かつ奇抜に天真爛漫に演じる。主な出演作に、舞台『マルクス愚連隊、原作者Jr.拉致事件。なう』(スタニスラススキー探偵団)、『だいだいの空』(トムプロジェクト公演)、『相方』(いっぱち屋公演)、映画『私の叔父さん』、『靴ヶ浜温泉コンパニオン控え室』、『アイドル・イズ・デッド』、『ハーフ・ゾンビ』、『あんこまん』など。

  • 金子鈴幸

    金子鈴幸 Suzuyuki KANEKO

    1992年12月17日生まれ、東京都出身。小学校5年生の学芸会のための初脚本『忍者戦記』が好評を博す。高校2年で書いた『王国』は演劇部員から「気持ち悪い」と一蹴されるが、アロッタファジャイナ主宰・松枝佳紀がオムニバス「11月戦争とその後の6ヶ月」の一作として公演、商業脚本家デビュー。脚本監督作として、短編映画『から家(や)』、『濁った激流にかかる』など、2014年11月に作演出の自主舞台を準備中。出演作は映画『生贄のジレンマ』(監督 金子修介/2013年)、『戦慄怪奇ファイル コワすぎ!史上最恐の劇場版』(監督 白石晃士/2014年)、『ニート・オブ・ザ・デッド』(監督 南木顕生/2014年)のほか、WEBドラマ『夏休みなんかいらない』(2014年)等。明治大学在学中。父は『デスノート』『平成ガメラシリーズ』などの映画監督・金子修介。

  • 森川千有

    森川千有 Chiari MORIKAWA

    1974年、千葉県出身。管理栄養士として、病院や食品会社の商品開発、シドニー五輪のスタッフとして勤務。2007年、舞台『サマーデイズ』で初舞台、2010年劇団新感線の中島かずき作・演出舞台『唇からナイフ』初主演をきっかけに、「“芝居とは心の栄養”であり、人々が心身ともに健康であるためには必要不可欠な栄養!に違いない」と俳優に転身。『ネムリユスリカ』(監督 坂口香津美/2011年)で映画初出演、大手配給『ストベリーナイト』(監督 ‪佐藤祐市‬/2013年)にも参加し、『ゆめはるか』(監督 五藤利弘)が2014年末公開予定。栄養や料理に加え、フルート演奏、フラメンコ、スノーボードも特技とする活動派。

  • 森谷勇太

    森谷勇太 Yuta MORIYA

    1982年、山形県出身。海上自衛隊退職後、俳優を志し、映画、ドラマ、舞台等に出演。主な出演映画『傘』(2008年)、『18倫』(2009年)、『デコトラ★ギャル美菜』(2011年)、『深夜裁判』(2012年)、『少女と夏の終わり』(2012年)など。『零戦~搭乗員たちが見つめた太平洋戦争~』などのテレビにも出演。劇団『天才劇団バカバッカ』主宰は、初めは強面で近寄りがたいと思ったが内に秘める人の好さが演技に表われる、と評している。

  • 向山智成

    向山智成 Tomonari MUKAIYAMA

    1976年、愛知県出身。幼い頃より「声」で「伝える事」に興味を持ち、表現者として多数のテレビ、CM、企業VPなどでナレーションを担当。近年では、TV-CM サントリープレミアムモルツ、VP ジブラルタル生命などに出演。細野演出舞台『スタニスラフスキー探偵団』初演と同じ役で出演。映画を語り、料理を趣味とし、日曜大工が得意な好漢でもある。

  • 南久松真奈

    南久松真奈 Mana MINAMIHISAMATSU

    神奈川県出身。子どもの本の編集・デザインを経て、30歳過ぎから芝居の世界に飛び込む。市井の面白い女の生き方を中心に描く演劇ユニット「南久松」を旗揚げ。2013年の初公演『月と鏡』(作・演出・出演)でサニーサイド演劇賞受賞、小劇場客演多数。音楽と言葉の新しいコラボをさぐる音楽ユニット「きょうはいい日」で話フォーマー(わふぉーまー)として言霊を担当。『下校するにはまだ早い』(監督 篠原哲雄/2010年)で映画にかかわって以降、『ソーローなんてくだらない』(監督 吉田浩太/2011年)、『わが母の記』(監督 原田眞人/2012年)、『黒い報告書』(監督 深作健太/2012年)、『桜トイレ』(監督 赤羽健太郎/2012年)、『クジラのいた夏』(監督 吉田康弘/2014年)など。

  • 嶋崎靖

    嶋崎靖 Yasushi SHIMAZAKI

    1955年、東京生まれ。5歳、劇団木馬座にて初舞台。以降、劇と離れられず、社会の濁流にものまれ河原者の道に。80年、「町の中に演劇を!」を標榜し風貌劇場立上げ、『ロストボール』など主演作多数。91年、U-Stage主宰。山村公演など社会性にこだわった活動を続ける、『夜空のトランペット』『さよならアリス』等。98文化庁派遣演出家として英国へ渡る、創作劇『The Country far beyond the Moon』がJapan Festival Awards受賞。2001年、英国を4ヵ月間公演、外務省在外公館長賞受賞。以後、海外100都市以上で公演。NHK連続ドラマ『ハチロウ』三条役で高い評価を受ける。街と劇の関係が高じて、チンドン「菊乃家」の看板を引き継ぐ。海外での活動により、松井秀喜選手以前に在外公館長賞を受賞、US News紙上では松坂大輔選手より大きく掲載される等。

  • 細野辰興

    細野辰興 Tatsuoki HOSONO

    1952年生まれ。獨協大学外国語学部卒業後、横浜放送映画専門学院(現・日本映画大学)に学ぶ。今村プロダクションを振りだしにディレクターズ・カンパニーで助監督時代を過ごし、今村昌平、長谷川和彦、 相米慎二、根岸吉太郎の4監督に師事する。1991年『激走トラッカー伝説』で監督デビュー。1996年の『シャブ極道』は、90年代日本映画ベストワンと絶賛され未だに話題を提供し続ける傑作。 以降、ジャンルに捉われず社会性のある骨太なエンターテイメント作品を発表し続ける。
    2011年より創作ユニット[スタニスラフスキー探偵団]も手がける。
    FILMOGRAPHY 映画監督 『激走トラッカー伝説』(1991年)、『大阪極道戦争 しのいだれ(1994年)』、『犯人に願いを』(1995年)、『シャブ極道』 (1996年)、『狼の眼』(1997年)、『売春暴力団』(1997年)、『竜二Forever』(2002年)、『著作者人格権』(2003年)、『燃ゆるとき THE EXELLENT COMPANY』(2006年), 『ちちり~盗~』(2010年、短編)、『私の叔父さん』(2012年) 。舞台演出 『スタニスラフスキー探偵団』(2010年)、『マルクス愚連隊、原作者Jr.拉致事件なう。』(2011年)。