Loading...

2010年初演来の熱烈な再演コールに応え、
禁断の舞台がパワーアップして帰ってくる!
日本が世界に誇る美男俳優・長谷川一夫の「 貌斬 かおき り事件」を
モチーフにした禁断の本格ラブ&サスペンス・コメディ 笑毒劇

Introductionイントロダクション

2010年9月、演劇界に衝撃が走った。『シャブ極道』(役所広司)『竜二Forever』『私の叔父さん』(高橋克典)の映画監督細野辰興が作演出した舞台『スタニスラフスキー探偵団』が初演された。
昭和12年(1937年)、昭和の大スターにして当代随一の人気を誇る二枚目スター・長谷川一夫が、美しい左頬を大きく深く斬りつけられるという衝撃的なテロ事件が起こった。移籍を決めた矢先の事だった。
舞台は、この事件をモチーフにした新作映画を撮ろうとする監督やらプロデューサーやらが、おバカな情熱を炸裂、映画製作にかかわる人間たち悲喜こもごもともども、さらにパワーアップして帰ってくる。
本舞台初演をきっかけに結成された創作ユニット「スタニスラフスキー探偵団」企画制作。

Story物語

新作映画『貌斬り』のホン直しのため、
監督、脚本家、プロデューサー、チーフ助監督、助監督見習い、映画評論家が集まった。

今回の企画は40年前に起こった馳一生の顔斬り事件を基にしていた。
「なぜ一生は事件を不問に伏したのか?」「なぜ一生は5年後、事件の黒幕法螺プロデューサーの会社に入ったのか?」複数の謎が監督 風間たちの前に立ち塞がっていた。

「真相を解明する必要はない。ただ、納得のいく仮説を立てたい」風間は熱い口調でそう言ったが
スタッフの意見は推察の域を出ずどれもピンとこない。
そこで、風間組十八番のロールプレイを復活させ、
スタッフが登場人物になりきり、真相を解明しようということになった。

ニューヨークのアクターズ・スタジオが取り入れ、マリリン・モンロー自殺のきっかけと言われる、
スタニスラフスキー・メソッドが始ろうとしている。
果たして演者の生命は?!そして辿り着いた衝撃の仮説とは?!